IsoLife はライフサイエンスのための安定同位体標識植物製品を供給します。 stabile isotopes

ハイライト

 

February 8, 2015
IsoLife 10 years!



IsoLife started on February 8, 2005 as a new, independent company with world-wide unique stable-isotopically labelled products. Ten years later, IsoLife's products are sold all over the world and served many scientists in the Life Sciences with publications in Science and Nature as significant highlights.


February 6 , 2015
Japan Office Opened to Develop the Market in Japan for IsoLife’s Stable Isotope Labelled Phytochemicals and Plant Products.


June 16, 2014
The project proposal “Optimizing early-life dietary carbohydrates to improve later-life metabolic health” has been granted.

The diet in early-life can affect our physiology in later-life, with important consequences for metabolic health. Read more »


2014年4月30日
13Cイヌリンは、腸発酵の後の体重減少のメカニズムを解明します

イヌリンのような食物繊維の日常的な摂取は、体重を減少させることが報告されました。 ネイチャーのコミュニケーションに、13Cアセテートが、腸内でIsoLifeのU-13Cイヌリンの発酵から生じて、中枢食欲調節と、結果として、体重の調節において直接的な役割を演じことが現在分かります。 更には、以下をお読みください>>

Nature Communications doi: 10.1038/ncomms4611.


2014年2月26日
U-13Cイヌリンを使用した最初のラット研究が発行されました

Rat fed on 13C Inulin

アイソライフ製品が、(機能的な)食物構成要素と微生物腸管内菌叢の間の複雑な相互作用を明らかにするために、動物と人間の実験で、ますます使われます。更には、以下をお読みください>>

Applied Environmental Microbiology doi:10.1128/AEM.03799-13.


2013年7月8日
アイソライフはダニエル・ワーナーにJournal of Dairy Scienceの論文についてお祝いを申し上げます:


13C Fodder

これまでで初めて、13C-トウモロコシが、乳牛の消化管を通してトウモロコシ・サイレージ成分の通過動力学を研究するのに用いられました。Journal Dairy Science 96 :1–15


2013年1月22日
IsoLifeに安定同位体を配布するChromaDex®は、植物化学物質とプラント製品にラベルをつけました。

アイソライフは、ChromaDex®社(OTCQB:CDXC)(革新的な天産物会社)との配布契約に調印したと今日発表しました

ChromaDex

IsoLifeの13C、15N標識植物製品は、食物、飲料、機能性食品、医薬、薬用化粧品と環境科学研究のためのトレーサーおよび内部標準として米国、カナダ、ブラジル、韓国および日本に供給されます。更には、以下をお読みください>>


September 21, 2012
ナノSIMSは共生生物間で13C-炭素の移動を示します。.


2012年9月21日
LC-FT-MSとU-13Cタマネギの球根を用いた硫黄を含む代謝物質を目標とされた分析法に関して最初の結果が示されます。

13c Onion


2012年9月1日
U-13C および U-15Nクロレラが利用できるようになりました。

13C Chlorella

安定同位体標識クロレラvulgarisが、食物研究において使われます。 高いタンパク質濃度(45%)であるので、それは魅力的な潜在的食料源です。(Wikipedia).


2012年6月14日
思考の材料: 健康関連の食物研究の安定同位体の意味がある役割


13C Fatty acids
安定同位体は、健康関連の科学とテクノロジーで最高水準のアプリケーションでますます重要な役割を演じています。食物アプリケーションにて安定同位体を含むIsoLifeの現在の研究プロジェクトの思考の材料のこの概要が、この新しい開発を説明します。 更には、以下をお読みください>>


2012年3月19日
アイソライフは、一様に13C標識の種子から育てられたBroccoCressを誇りをもって紹介します。


13C-Broccoli
ブロッコリーの新芽が、生物学の有用性で臨床研究において使われます


2012年3月1日
アイソライフはBASIS 2012'コンファレンスを後援します。

Basis
2011年にブリュージュでの会議の後に、2012年4月12日(木曜日)、13日(金曜日)に、安定同位体科学者のためのベネルクス協会の第6回年次総会 BASIS)2012は、都心での「フォーラム・デGanzenheuvel」で、ナイメーヘン(オランダ)で開催されます


2011年11月16日
アイソライフは'MR in FOOD 2012'コンフェレンスを後援します。

NMR in Food Sciences

食物の磁気共鳴の応用に関する第11回国際会議は、ワーゲニンゲン(オランダ)で6月26日から29日で開催されます。 アイソライフは会議を後援して、食品のトレースと定量的質量分析において13Cの応用に関してポスターを発表します。


2011年9月15日
アイソライフはトビーキースにサイエンスに論文が掲載されたことにお祝いを申し上げます:

Science

Science 333: 880-882


2011年8月15日
アイソライフは初めての一様の13C標識の樹木を誇りをもって紹介します!

13C Poplar


2011年6月27日
アイソライフは'Metabolomics 2011'コンフェレンスを後援します。

Metabolomics congress 2011
代謝学協会の第7回国際会議は、2011年6月27日– 6月30日ケアンズ(オーストラリア)で開催されます。 アイソライフは会議のスポンサーで、代謝学における13Cのアプリケーションでポスターを発表しました


2011年5月2日
アイソライフは'Ecology of Soil Microorganisms 2011'コンフェレンスを後援します。

Soil Ecology Congress
2011年4月27日–5月1日プラハで開催された『土壌微生物の生態学』のコンフェフェレンスは、うまく構成され、成功しました。 いくつかの寄稿が、13Cアプリケーションが複雑な生態系で異なるサブストレートからカーボンを同化している活発な土微生物を特定するという可能性を広げることを示しました。 それを見逃した人々は 我々のポスター発表をダウンロードくださいhere


2010年12月17日
アイソライフの発表:ブロッコリーの苗ではスルフォラファンをもはや生合成しません。


イソチオシアネート構造のスルフォラファン(その前駆体のglucoraphaninの形でブロッコリー(Brassica oleraceaL.)苗にかなりの量が存在する)はキニーネ還元酵素の誘導体と確認されました。また、フェーズII依存症治療酵素がその抗発癌性の特性で知られていました。 ここでは、スルフォラファンが苗の成長の最初の1週間の間に新たに生合成しないということを、我々は明白に示します。  12C (99 atom%12C) と 13C (98 atom% 13C)の両方のブロッコリーの種子は13CO2 および12CO2環境下で発芽し、生育しました。 その後、種子および苗のスルフォラファンの標識化度が、HPLC–MSによって分析されました。我々は、スルフォラファンが種子の蓄えだけから始まる、そして、新規の生合成がブロッコリー苗で見つけられないと結論します。 我々の調査結果は、食物化学(詳しくは、Applicationsを見てください)で発表されました。 別刷をご要請くださいreprint


2010年1月11日
植物の品質制御


挑戦的な新しいプロジェクトは、生物工学システム・プラットホーム(Biotech Systems Platformで植物品質の制御、運営に関して認められました。


2009年12月9日
Trace gas detector central in large EU project Ultragas
.

Radboud大学(ナイメーヘン)で開発のトレースガス検出器は、4.2百万ユーロのヨーロッパ-プロジェクト(EU-projectで、中心的な役割を演じます。 革新的な測定技術は、果物保管、温室作物そして、医学診断法で応用されます。 アイソライフは、標識化設備で使用するためのハイテク探知器を更に開発するパートナーの1人です。

このプロジェクトは、欧州連合の財政的援助によって可能になりました。

Here is invested in your future:

Gebundelde Innovatiekracht Gelderland en Overijssel


2009年8月25日
Intecol 2009.


2009年8月15日-21日にブリズベーンで開催のIntecol大会は非常に盛大な行事でした。 参加者、素晴らしい温度、おいしい食品と飲物で生態学的な科学における興味深い議論が、安定同位体標識の高等植物および植物成分の使用方法に関して新しい価値ある考えを与えました。


2009年6月1日
Stable Isotopes Support Functional Ingredients Research
.
安定同位体は、機能的な成分研究をサポートします更には、以下をお読みください>>


2009年5月27日
食物製造におけるキナ酸の定量に対する新しい方法


出版(Publication):IsoLifeの内部標準として13C-キナ酸の使用に基づき「安定同位体希釈分析を使用する食物のキナ酸の定量化のための新しい方法」。


2009年5月22日
アイソライフの13Cジャガイモでんぷんによる賞を獲得した発表


「RNA系安定同位体探査法によって、大腸の試験管内のモデルで、バクテリアの系統発生のアイデンティティと澱粉発酵を関連づけている」学術論文は、評判が高いTIFN出版賞を獲得しました。さらに読む »


2009年5月14日
アイソライフはテクノパートナー証明を得ました

オランダ経済情勢大臣Maria van der HoevenとABN AMROは、アイソライフの非常に革新的な研究開発計画にテクノパートナー証明書を授与しました。 証明書は、商業的な成功への革新的なイニシアティブを更に広げるための勇気、知識と忍耐を認めます。


2009年3月1日
健康的な食物:低カロリーで高い食物繊維含有のジャガイモ製品


ジャガイモは、炭水化物、エネルギー、食物繊維、鉱物とビタミンの良い、自然な源です。 13C標識ジャガイモは、平常な毎日の食事において特定のジャガイモの種類の機能成分の挙動とカロリー性質を調査するために、とても役に立ちます。 この目的のために、アイソライフは近年の間にいくつかの安定同位体標識のジャガイモを製造しました。 『Samenwerkingsverband Noord-Nederland』によって共同融資され、HZPCパートナーズ、Avikoと大学医療センター・フローニンゲンとの協力でIsoLifeによって実行される1つのプロジェクトは、ジャガイモとジャガイモ製品の発熱量がジャガイモ育ちか製品処理において特殊な処置によって(さらに)減少することができるか調査しました。

HZPC Holland BVは、動物の育成会社であり、開発と消費のためのジャガイモとフライドポテト、チップと食物連鎖のためにジャガイモに焦点を絞ったジャガイモ・サプライチェーンの革新的なジャガイモの種類の販売会社です。
AVIKO BVは、健康面に焦点を合わせたジャガイモ製品の最大手のオランダの生産会社です。
『医学的生物学(Medical Biomics)センター(UMCG)』の部門のルール・フォンク教授は、人間の健康に関してジャガイモ成分の消化、発酵と代謝のような分野で貢献しました。 UMCGは、大きなEUの研究プロジェクト(EUROSTARCH)を調整しました。 13C標識のジャガイモ製品の詳細な実験に基づいた結果は、ジャガイモ製品の発熱量が組成変化を通して、実際に更に減少することができることを示します。

  This project was co-financed by the European Community, the European Regional Development Fund, and the “Samenwerkingsverband Noord-Nederland (SNN)”, a joint agreement between the provinces of Drenthe, Groningen and Fryslân. EZ/KOMPAS under number AA099.  

2008年9月1日
13C標識のカンナビノイドと13C麻油脂肪酸の開発

アイソライフBV、Prisna BVBedrocan BVは、新しい高品質の麻油と質量分析のために13C標識のカンナビノイドと13C麻油脂肪酸を含む参照標準品の革新的なセットを開発協力をしました。


J2008年6月7日


アイソライフは、『素晴らしい考えで市場を揺るがす』25の若い、革新的な会社のうちの1つとしてFEMビジネス技術25によって認められました。


2007年10月27日
ハイテク開発を通して特別に健康的なグリーンハウス作物


アイソライフとプラントダイナミクスは、連続モニタリングと植物活力を導くために革新的なセンサー技術を開発する合意と健康促進の生理活性化合物の内容に署名しました。


2007年9月24日
アジアの特質

一様な13C標識空芯菜が、現在利用できます(~98%)! 空芯菜(Ipomea aquatica Forsk.)(別名:水ホウレンソウ)は、東南アジアの重要な緑葉野菜です。 2つの一般的なタイプがあります。 1つのタイプは土地で育っています、そして、1つのタイプは水路の近くで成長します。 土壌で成長したタイプは長い、狭い葉を持っています、水で育った空芯菜はもっと幅の広い葉を持っています。

空芯菜は、健康のための性質を確信しています! 空芯菜はクロロゲン酸のような大量の酸化防止剤を含んで、ガン、真性糖尿病と心血管疾患に対する体の抵抗力を強化すると勧められています。空芯菜の栄養分はビタミンAとC.です。 更に、鉄分も豊富ですので、貧血を患っている患者に推奨されます。


2007年4月7日
植物からのメタン発生: はい、発生します! いいえ、発生しません!


2006年に、ネイチャーはケップラーらによるセンセーショナルな記事を発表しました。そして、その人は植物が酸素を使う状況の下でメタンを放出することができると主張しました。 オランダのアイソライフ、プラント研究インターナショナル、プラントダイナミクス、ナイメーヘンRadboud大学、ユトレヒト大学から成るコンソーシアムが、一様に13C標識植物を用いる新しい技術を使用して彼らの結果の再現を試みました。 我々は、ネイチャーによって報告される率の0.1%と0.3%の間のメタン排出を見つけました。 明らかに、教科書は書き直される必要はありません。 我々の結果は、New Phytologist(詳しくは、Applicationsを見てください;より多くに以下を参照くださいNews commentaries)。別刷りはご請求くださいreprint


2006年7月20日
初めて一様な13C標識トマト(Lycopersicon esculentum Mill. cv 'MicroTom')が採集されました。

我々は成熟した一様に標識されたトマト(~98% 13C)で顧客対応したことをして誇りに思っています。


2005年12月1-3日
RNA-SIPを使用するU13C標識の澱粉に関する初めての結果が報告されました

Kovatcheva-Datcharyらは、食品科学(WCFS; www.foodsciences.nl)のワーゲニンゲンセンターで実施されたRNA-SIP-テクニックを使用したU13C澱粉に関して、メキシコでの「ポスト・ゲノム時代の生物医学」学会で研究結果を発表しました。 彼らは、「RNA-SIPが、人間の腸内における微生物の構造と機能の関係を明らかにする(例えば食物に関連した炭水化物の発酵に関して)可能性があると」と結論しました。 詳細は、WCFSポスターをダウンロードしてください


2005年4月2日
Wageningers produceren planten met louter zware isotopen

Zware planten
Twee Wageningse
biologen kweken planten op in een hermetisch gesloten ruimte. Zo kunnen ze planten laten groeien op voeding naar keuze die geheel voorzien is van zware isotopen. 'Dat opent een heel nieuwe wereld van onderzoek.'
bron: NRC Handelsblad Wetenschap & Onderwijs - Sander Voormolen
Lees meer »


2005年2月3日
バイオパートナーマスタークラス賞2004

アイソライフのビジネス計画は、2004年バイオパートナーマスタークラス賞を授与されました。 計画は、工業、金融界およびバイオパートナーの代表からなる陪審員によって審査されました。

アイソライフの創設者(Ton Gorissen 、Ries de Visser)は、オランダ経済情勢省で、Chris Buijink(Director-General Enterprise and Innovation)4から賞金を受領しました

From left to right: Ton Gorissen, Chris Buijink, Ries de Visser

左から右へ:
Ton Gorissen, Chris Buijink, Ries de Visser

|  to top of page ↑